テーマ:SF

長寿医療制度

戦争は平和である。 自由は屈従である。 無知は力である。 これは「1984年」というSF小説に描かれたオセアニアという国を支配している政党(一党独裁)のスローガンです。 また、このオセアニアという国には平和省という戦争を継続している省庁、真理省という党の言うことだけをプロパガンダするための省庁、国民を絶えず貧困状態においてお…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

見果てぬ夢

「バケツ一杯の空気」という短篇SF小説があります。 最初に読んだのはうん十年も前で、SFマガジンに載っていたのを読んで感動した覚えが、未だに残っています。 さっそく google で検索してみたら、1968年の3月号に載っていたことになっています。 39年も前!! http://www.fukkan.com/fk/VoteD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊の世界がすぐそこに

攻殻機動隊というマンガおよびアニメ(劇場版映画、テレビ)は、たぶん後世にも語り継がれる名作だと思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BB%E6%AE%BB%E6%A9%9F%E5%8B%95%E9%9A%8A 近未来を舞台にしたSFで、そこではサイボーグが一般化しています。特に、考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活の日

「復活の日」というのは小松左京原作のSFです。 小松左京と言えば「日本沈没」が有名ですが、この「復活の日」も負けず劣らずすばらしく面白くかつ文明的な警鐘に富んだSFでもあります。 映画化もされたのですが、その英語名が「Virus」であるように、強毒性のかつ感染性の非常に強い新しいビールスが人類を襲い南極にいる人間以外を全滅させるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more