ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 出血性外傷患者に止血剤が効く?

<<   作成日時 : 2010/07/15 11:38   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

命に関わるような重篤な出血(つまり出血がそんなに大量な時)に止血剤が効くなんて、そんなバカなと思うんだけど、、、

トラネキサム酸が、出血性外傷患者の死亡リスクを低減:2万例の無作為化試験
http://www.carenet.com/news/det.php?nws_c=15472

トラネキサム酸は止血剤の一種で、線溶系(血栓を溶かす体の機能)を阻害することで止血作用を発現する。血管が破綻するとそこに血栓ができて出血を止める、これも止血作用の一つ(一つであって全てではない、他にも血管が収縮したりなどの作用もある)ですが、命に関わるような多量の出血を、こんな止血作用で抑えられるはずがない、、、というのが、外科医や救急医の常識です。
でも、この研究は、死亡リスクさえも減少させたと結論している。
ほんまかいなと思うのだが、かなり大規模で、その上「プラセボ対照無作為化試験」ってんだから、信用度の高い研究なんでしょう。
う〜む、考えてしまう。これは、救急医薬品のなかにトラネキサム酸のアンプルを何本か入れておかないといけないかな。

「40ヵ国、2万例の外傷患者のプラセボ対照無作為化試験」を行い、「トラネキサム酸は、10分以上かけて1gを負荷投与したのち、8時間で1gを静注投与することとした」。
トラネキサム散の1g注射液は、日本でも保険適用されています。
例えば、、、
トラネキサム酸注射液1000mg「タイヨー」
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3327401A4231_1_04/
その効能は、、、
-----(ここから引用)-----
○全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向
(白血病、再生不良性貧血、紫斑病等、および手術中・術後の異常出血)
○ 局所線溶亢進が関与すると考えられる異常出血
(肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血、前立腺手術中・術後の異常出血)
○下記疾患における紅斑・腫脹・そう痒などの症状
湿疹およびその類症、蕁麻疹、薬疹・中毒疹

○下記疾患における咽頭痛・発赤・充血・腫脹などの症状
扁桃炎、咽喉頭炎

○口内炎における口内痛および口内粘膜アフター
-----(引用、終わり)-----

投与方法は、静脈注射か筋肉内注射(ただしこの場合は、250mgから500mg/回)、あるいは点滴静注。

で、結論は、、、
-----(ここから引用)-----
全死亡率は、プラセボ群の16.0%(1,613/1万67例)に対し、トラネキサム酸群は14.5%(1,463/1万60例)と有意に抑制された(相対リスク:0.91、95%信頼区間:0.85〜0.97、p=0.0035)。

出血による死亡リスクも、プラセボ群の5.7%(574/1万67例)に対し、トラネキサム酸群は4.9%(489/1万60例)と有意に低下した(相対リスク:0.85、95%信頼区間:0.76〜0.96、p=0.0077)。
-----(引用、終わり)-----

この研究結果から、「出血性外傷患者ではトラネキサム酸の使用を考慮すべきである」。
PubMed
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20554319
Tranexamic acid safely reduced the risk of death in bleeding trauma patients in this study. On the basis of these results, tranexamic acid should be considered for use in bleeding trauma patients.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
出血性外傷患者に止血剤が効く? ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる