ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MITSUBISHI RDT231WLM-D

<<   作成日時 : 2010/02/27 18:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(追記あり、再起動すると元のまま、追記2、tempファイルを削除していたためか?)
これが2万円!
セッティングにちょっと苦労しましたが。

NTT-X Store で安売りしていたのを買った。
http://nttxstore.jp/_RH_1324
HDMIケーブル、プレゼントってのも丁度良かった。

ただ、最初つないだ時、画面全体に表示されず、四隅、数cmが黒枠状態になりました。
ミニD-SUBでつなぐと全画面表示になるのですが、これではもったいない。
なんとかできないかと三菱のホームページでマニュアルを見ても、よく分からない。逆に、入力信号によっては全画面表示されない場合があるなどと書かれている。
これは、買ったのが失敗だったかと落胆しかかったのですが、、、

こういう困った時の google 先生。
全画面表示で検索したら、見つかりました。

グラフィックは Radeon HD4670 で、これに付属の Catalyst Control Center を立ち上げて、「グラフィックの設定」の「DTV[HDMI]3」の「スケーリングオプション」、これを0%(アンダースキャン、オーバースキャンのオーバースキャン側)にしたら、全画面表示になる。

つまり、全画面表示されないのは、パソコン側の問題、それもグラフィックアダプタの設定の問題だったってことになる。

ただ、これ、皆さん、苦労しているんじゃないだろうか。

画面はきれいです。
ミニD-SUBでつなぐのよりはるかにきれい。

それにしても、こんなモニターが2万円で買えるとは、本当に驚きです。
私は、パソコンはPC-8000から入った古〜い人間ですので、最初は普通のブラウン管テレビにつないでいた。
文字は滲んで読みにくいこと、読みにくいこと。
それが専用モニターを奮発して買って(確か20万円くらいしたような記憶がある)つないだら、滲みはなくなり、すごいと感動したものです。感動したんです、若い人は分からないかもしれないけど。
その後、ブラウン管モニターは次第に安くなり、さらに液晶モニターが出てくると、大きな奴も数万円という時代になって、これにも感動していた。
今や、ブラウン管モニターは無くなる上に、こんな大画面の液晶モニターが2万円とは、、、

まぁ、パソコンだって、PC-8001も15万円していたんですから。

(追記)
再起動すると、スケリングオプションの設定が元のままで、四隅に黒枠が出ます。
起動するたびにスケーリングオプションを0%に設定し直さないといけない。
適用のボタンを押しても保存されないってことなのか。
めんどくさい、、、
(追記2)
再起動しても、スケーリングオプションが0%になるようになりました。
ATIのホームページに行って、最新版をダウンロードした。
しかし、これをインストールすると、OS自体、起動しなくなった。最後の起動場面に帰って、入れ直し。
ドライバから全部入れ直しました。
それと、%temp%ファイルを起動のたびに削除するようにしていたのを中止しました。
そしたら、再起動しても四隅の黒枠がなく、全画面表示してくれるようになりました。
たぶん、%temp%ファイルの削除が原因だったのだと思います。
(これは、firefoxの「一時保存ファイル属性問題」でfirefoxの設定変更に伴うもので、たぶんこんなことをしている人はごく少数)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
MITSUBISHI RDT231WLM-D ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる