ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 牟田口症候群

<<   作成日時 : 2009/05/07 12:27   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

素晴らしいネーミング!!

牟田口コピペ・インフル編
http://punigo.jugem.jp/?eid=532

例の毎日捏造新聞が最初かな、発熱患者が診療拒否されたとかいう記事、他の新聞やテレビも追随し、そして大臣までが「診療拒否は医師法違反だ」とか曰ったそうな。この件は、いつも訪問している「内科開業医のお勉強部屋」で知り、そのときは、おおまたやっている程度のことだったのですが、なんか次第に大きくなってきているような感じ。
診療拒否と騒ぐ、毎日新聞
http://intmed.exblog.jp/8245932/

国が方針として水際阻止作戦をとり、そしてもし入ってきても感染拡大阻止を特定の医療機関に行わせようとしてインフルエンザの診断や治療の資源(診断キットや治療薬)をその特定病院に集めている、そういう状況で、いったい我々一般医療機関に何をしろと。
インフルエンザが疑われる患者が来ても何もできないし、はっきり言って迷惑でしかない。

上記の「ぷにっと囲碁!なブログ」で紹介されているようなジコチューな連中、そして彼らを煽る毎日新聞を初めとしたマスコミ、さらに劇場型政治、パフォーマンスをやる政治家達、その下で右往左往する官僚達。
痛恥
http://ssd.dyndns.info/Diary/?p=3932
新型インフルエンザ関連情報、ふたたび
http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-71df.html

私はこの手の牟田口症候群連中のために働きたいなどとちっとも思わない。

牟田口コピ
http://punigo.jugem.jp/?eid=532
-----(ここから引用)-----
「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。
-----(引用、終わり)-----

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
牟田口コピペ・インフル編
■薬も検査キットも無いのにどうしろと? ...続きを見る
ぷにっと囲碁!なブログ
2009/05/08 18:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
牟田口症候群 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる