ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 恥を知れ!

<<   作成日時 : 2008/10/01 10:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大淀病院事件の時、「恥を知れ」と自社のサイトに書いて、自分が大恥をかいた日刊スポーツの記者がいた。
http://blog.nikkansports.com//nikkansports/writer/archives/2006/10/post_565.html

事件の経過も知らず、間違った事実の上にトンチンカンな理解をし、そして医療者へのステロタイプな先入観から書いた記事です。
で、ブログへの批判投稿があったのでしょう、後になって謝罪文を書いている。
http://blog.nikkansports.com//nikkansports/writer/archives/2006/11/post_575.html

-----(ここから引用)-----
 「知りもしないで」との声もありました。知る→書く、知らない→書かない。これは論理的なことです。我々の仕事は、知る→取材→書く→検証、の連続です。一方でこうしたコラムに臨む時、大きな驚きや失望に接した時「知らない」「取材していない」の理由で書かないことには疑問があります。問題が起きたその時に、伝えたいものがあるのなら、事実を踏まえてどれだけ提起できるか。これも求められると思います。
-----(引用、終わり)-----

この共同通信の記事も、まさに「知りもしないで」の典型でしょう。
そして、たぶん「取材もしないで」書いているのではないかと思います。

日本のマスコミは、記者クラブというオープンではない、仲間だけのグループをつくり、そこで発表する側と癒着している。
まともな取材をせず、警察や役所の記者会見や発表文書だけを元にして、適当に切り貼りをして、記事にする。
その切り貼りも、内容を理解していなかったらトンチンカンになるのは当然です。

この記事はそういうものの典型だと思います。
例によって共同通信です。

麻酔効かぬまま腹膜炎手術 病院側に賠償命令
http://www.m3.com/news/news.jsp?sourceType=GENERAL&categoryId=&articleId=80513
-----(ここから引用)-----
 麻酔が効いていないまま腹膜炎の手術をしたためヘルニアが再発したなどとして、愛媛県の男性(59)が同県大洲市の医療法人に約5800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、松山地裁は29日、約1900万円の支払いを命じた。

 高橋正(たかはし・ただし)裁判長は「麻酔が効いているかどうかを確認することは基本的な義務」と指摘した。

 判決によると、男性は2002年、医療法人が経営する病院で大腸ポリープの切除手術を受けた後、不適切な投薬により腹膜炎を発症。再手術の際、麻酔が効いていないことを再三訴えたが、医師は返答しないまま手術を約1時間続けた。男性は「痛い痛い」と大声で叫び続け、腹圧が高まりヘルニアが再発した。

 医療法人は「判決を見ていないのでコメントできない」としている。
-----(引用、終わり)-----

「術後の不適切な投薬」っていったい何?
腹膜炎を発症ってことは、縫合不全でも起こしたってことだろうか。
でも、それだと、それと「不適切な投薬」がどう関係するのか不明です。

再手術の際「麻酔が効いていないことを再三訴えた」ってことは、全身麻酔じゃなく腰椎麻酔だったってことでしょうか?
あるいは、硬膜外麻酔か。
まさか局所麻酔ってことはないだろうし。
ただ、それで痛い痛いと大声で叫び続け、腹圧が高まりヘルニアが「再発」って、これがさっぱり分からない。

そもそも「ヘルニア」って言われても、「ヘルニア」にはいろいろある。
「腹圧が高まり」ってあるのだから、たぶん縫合部の「腹壁」の一部が着かなかったことによる「腹壁瘢痕ヘルニア」を指しているのでしょうけど、でも、それならそれが「再発」ってどういうことだろう?

さっぱり分からない。

最初の発端から結論まで、筋も何も追えない、全くの意味不明な記事です。
私は、こういうトンチンカンで意味不明な記事を書いた記者に「恥を知れ!」と言いたい。
そして、そういう記事を配信する通信社にも「恥を知れ!」と言いたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
恥を知れ! ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる