ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 過失の有無に関係なく患者に謝罪しろ!?

<<   作成日時 : 2008/06/25 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日新聞の記事ですので、まず事実かどうかを疑わないといけない、、、と思っていたら、やはりというかなんというか、、、

医療事故マニュアル:まず患者に謝罪…全社連が採用
http://mainichi.jp/select/science/news/20080625k0000e040079000c.html
-----(ここから引用)-----
 全国52カ所の社会保険病院を経営する全国社会保険協会連合会(全社連、伊藤雅治理事長)は、医療事故が起きた際に、過失の有無に関係なく患者側にまず謝罪することを柱とした「医療有害事象・対応指針」を策定し、今月から運用を始めた。責任が明らかになるまで謝罪はしない多くの医療機関とは正反対の対応で、病院グループ全体でマニュアル化した例はないという。全社連は「患者本位の医療への一歩」と説明している。【清水健二】

 指針の基になったのは、米国ハーバード大医学部が06年に刊行した「真実説明・謝罪マニュアル」。東京大の研究者グループが翻訳し、全社連が日本の病院向けに修正したうえで大手病院グループで初めて採用した。

 指針は「隠さない、逃げない、ごまかさない」が基本方針。過誤の有無が明らかでない段階でも、患者の期待に反した結果になったことへの「共感表明謝罪」をするとしたのが特徴だ。

 具体的には、従来は「院内で十分検討した後、病院の統一見解を患者に説明する。親切心や同情で、安易に責任を認めたり補償を表明するのは慎まねばならない」としていた点を、「何が起こったかを直ちに説明し、遺憾の意を伝える」と改めた。最初の説明役についても、「診療科の責任者や病院管理者が複数で」としていたのを「治療を実行した担当医が適任で、担当看護婦の出席も患者の助けになる」と変更した。

 同様の対応を04年から実践していた社会保険相模野病院(神奈川県相模原市)では、職員からの有害事象(患者に望ましくない事態が発生すること)の報告が倍増し、透明性が飛躍的に高まったという。指針策定の中心になった沖田極・下関厚生病院長は「医療事故の紛争の多くは、最初のボタンの掛け違いが原因。患者と医師の仲立ちをするメディエーターの養成も進め、新たな医療安全文化を育てたい」と意気込む。

 「謝罪マニュアル」の普及を進めている埴岡健一・東京大特任准教授は「患者と医療側が同じ目線に立った画期的な取り組み。国立病院機構なども追随してほしい」と話している。

毎日新聞 2008年6月25日 15時00分
-----(引用、終わり)-----

過失の有無に関係なく患者側にまず謝罪するって一体全体どういうことだ?
この記事を読んで感じた最大の疑問です。

不本意な結果への共感は大事です。
遺憾の意を表明することはすべきでしょうし、医師として医療者として患者や家族に共感を示すことも大切な医療者の責務です。
しかし、それと謝罪とは全く別物です。

これに関連してmixiに「日記」を書いているかたがおられました。
骨王(ホネキング)さんというかたの日記で、そこからいろいろ関連ソースをあたって感じたことは、またまた毎日新聞が捏造をやらかしたかという失望感です。
「共感表明謝罪」って何?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=153833&id=849726371

ただ、埴岡健一・東京大特任准教授も「謝罪マニュアル」などというお馬鹿な記者なら間違って解釈してしまう可能性の高いネーミングをしてしまったことの責任も感じてほしいものとは思います。責任如何にかかわらず「まず謝罪しろ」と言っていると誤解する、毎日新聞のようなお馬鹿な記者がこの日本にはあるんだと自覚しておかないと。

以下、関連サイト。
http://www.ihi.org/NR/rdonlyres/A4CE6C77-F65C-4F34-B323-20AA4E41DC79/0/RespondingAdverseEvents.pdf
毎日新聞の言う「指針の基になったのは、米国ハーバード大医学部が06年に刊行した「真実説明・謝罪マニュアル」」の原文。
謝罪マニュアルなどではない。
謝罪でも、マニュアルでもない。

http://www.stop-medical-accident.net/html/forum01_report_pdf/general-hani.pdf
「過誤の有無に関わらず、遺憾の意を表明する」
「過誤が明らかならば、すぐに謝罪する」

これと「過失の有無に関係なく謝罪する」ということの天と地ほどの違いを、毎日新聞の記者は理解する頭もないんでしょう。

真実説明・謝罪普及プロジェクト(SMAN)のホームページ
http://www.stop-medical-accident.net/
謝罪普及などとネーミングしているから誤解されるんだ。

毎日新聞の記事の元になった記者発表?
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+2360.htm
このどこにも「過失の有無に関係なく患者側にまず謝罪」などというのはない。
あるのは、、、
3.原因が不明な場合、医療者は遺憾であること(例:「私たちは、このことがあなたに起こって残念に思います」)を表明(=「共感表明(謝罪)」し、何が起こったのかの説明を行い、傷害を和らげるために何がなされるべきかを話し合わなければならない。
ということです。
共感の表明であって、謝罪とは全く違う。
ただし、ここに括弧付きで「謝罪」なという言葉を納入するから、お馬鹿な記者に誤解される元になったんでしょう。

最後に、、、
「なんというか、日本における責任とか謝罪などの概念が未だに前近代から出ていないように思う。 」という骨王さんに全く同感であります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
過失の有無に関係なく患者に謝罪しろ!? ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる