ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2型糖尿病のインスリン導入は早期がよいのか

<<   作成日時 : 2008/06/06 11:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まずはこのブログ。
ただし、パスワードが必要かも、医師向けです。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/blog/kitazawa/200806/506719.html
「2型糖尿病のインスリン導入は早期がよいのか」

現在使われているほとんどの糖尿病薬(経口血糖降下剤)は膵臓に働いてインスリン分泌を促すタイプです。
つまり、いわばやせ馬にむち打っているような感じ。
それならば早期からインスリン導入してあげた方が、やせ馬も休まってまた働けるようになるのではないかと、、、誰でもそう思うでしょうし、私も思っていました。実際、今まで何例か高血糖でインスリン使用して、その後、血糖降下剤も必要なくなったのがあったりしたこともありました。

新しい長時間作用型のインスリンが使えるようになってきているし、血糖降下剤を多量に、それも複数薬剤を使用するくらいなら、はやめにインスリン注射を、それも併用という形で使った方がいいのかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
2型糖尿病のインスリン導入は早期がよいのか ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる