ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本紅斑熱

<<   作成日時 : 2008/05/09 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

m3に、日本紅斑熱が全国で広がっているとのニュースがありました。
ダニで感染、日本紅斑熱に注意 拡大懸念、和歌山県内でも
-----(ここから引用)-----
記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社
【2008年5月3日】
健やかわかやま:ダニで感染、日本紅斑熱に注意 拡大懸念、県内でも /和歌山

 ダニにかまれて感染する急性感染症、日本紅斑熱(こうはんねつ)が全国で広がっている。古座川町国民健康保険明神診療所の森田裕司所長は先月、松江市で開かれた日本感染症学会で県内の感染状況を発表した。

 日本紅斑熱は84年、徳島県で初めて確認され、99年に保健所への届け出が必要な感染症(4類感染症)に指定された。07年は全国で前年の2倍、過去最高となる98件が報告され、感染の拡大が懸念されている。

 森田所長は94年ごろから調べ始め、県内で07年までに38人の発症を確認。このうち15人は古座川町で見つかったほか、海岸から10キロ以内の地域に集中しており、日本紅斑熱の疑いのある死亡例もあるという。

 病原菌の一種であるリケッチアを保有するマダニに刺されて感染し、2-8日で発症する。40度近い高熱が数日間続き、手のひらをはじめ全身に赤い斑点が現れる。治療にはミノサイクリンなどのテトラサイクリン系の抗生物質が有効で、感染症によく処方されるセフェム系は効かない。

 森田所長は「感染そのものを見落とし、死因不明のまま亡くなった患者もいるだろう。治療できる疾病なので、広く知ってもらうことが大切」と注意を呼びかけている。【加藤明子】
-----(引用、終わり)-----

日本紅斑熱、これを日本で初めて見つけ報告された先生と私は知り合いで、そのためもあり見逃さないようにしようといつも気にはかけているのですが、実際、診察し見つけたことはありません。もしかしたら見逃している可能性もあります。これが日本紅斑熱の皮疹だというのを見た経験がありませんので、皮疹が全身に広がっていて熱があれば、もしやと気づくでしょうが、それがなくただの不明熱ということで見逃しているかもしれない。

この日本紅斑熱の発見者、馬原先生の論文。
http://www.eiken.co.jp/mm/pdf/MM0802-02.pdf

これには日本紅斑熱の皮疹とカラー写真と、ダニの刺し口の写真が載っています。
http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/bitstream/10322/992/1/SAC143-4-10.pdf

それにしても、この毎日の記事、毎日してはまともですね。
こういう記事も時には書けるんだ、毎日の記者も。
いつもいつもトンデモな毎日の記事を読んでいると、こういう比較的まともな記事をみると驚く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
日本紅斑熱 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる