ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療訴訟に巻き込まれないようにするためにどうすればよいか?

<<   作成日時 : 2007/08/30 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、医師会が主催する医療安全対策の研修会がありました。
このご時世、私も聞いておくべきと思い出席しました。講師は、医師会の顧問弁護士のかたで、民事過失と刑事過失について講演して下さいました。
最後に、会場から質問を受け付けるというので、どなたかが「近頃、医療訴訟が増えているが、訴訟されないようにするにはどうしたらよいか」と聞かれていました。

私が理解した結論は、防衛医療に徹せよということになります。

訴訟されても、訴訟に負けないためには、ある一定の医療水準というのを医療を行う上で守っておかなければならない。
ただ、この「一定の医療水準」というのは、医学にはほとんど関係していない、いわば裁判官の頭の中で作られているものです。幻と言ってもいいものかもしれません。そういうものですから、裁判官が違えば、その「一定の医療水準」なるものも異なってくるのは当然であります。
また、裁判官は医学、医療ということに関しては、いわばど素人です。そういうど素人が、医学、医療という高度に専門化した領域の事柄を裁断するわけです。それも先に書いたように裁判官の頭の中にある幻、「一定の医療水準」というもので。

理不尽としか言いようがない。
しかし、そういう理不尽を法律という、我々が従わないと犯罪者とされる、いわば最終兵器とも言えるものでもって裁断されるのですから、我々は従わざるを得ません。
では、どうすれば良いのか?
「一定の医療水準」などというのに、合理的な判断基準などない。我々が10年、20年と学びかつ経験してきた医学的知識など、まず役に立たない。
となれば、できることは防衛医療しかありません。

危険なことには手を出さない、無理をしない、安全に安全にと。
ちょっと危険だが、これをすれば80%くらい助けられるかもしれないが、20%死亡する。やらなければ、じり貧だろう。こういう症例ではじり貧を選ぶ。
また、救急医療でも、自分が専門としていない分野の患者は、最初から受けない。
裁判所も、そういうことはするなと言っているのですから(注)、それがいかに理不尽でも、裁判所の言うことに従いましょう。従いましょうというより、従わざるを得ないことです。司法というのはこの国の最終判断なのですから。


判例に基づいた医療 - (JBM: Judgment-based Medicine)のページ
http://power123.blog95.fc2.com/
ここの「交通事故による外傷性心タンポナーデによる急死」などこの典型でしょう。

なお、インフォームド・コンセントを十分に行っておれば、つまり、危険なことだというこを患者や家族が納得した上でなら、危険な検査、治療も行えるではないかと言われるかもしれませんが、これがまたダメなのです。
重箱の隅をつつくようなことを裁判では持ち出され、それをまた裁判官は認定し、インフォームド・コンセント不十分とされて、多額の賠償金、慰謝料を払えと言う判決がたくさん出されているのが現状です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>>救急医療でも、自分が専門としていない分野の患者は、最初から受けない。

うちの管内でも昔と違い、専門外で救急隊は搬送を断られる事が多くなりました。(泣き)

国民が自ら、医療を崩壊させているのを気がつかないのでしょうか?
ひまわり村の救急隊
2007/09/26 03:20
産科救急は崩壊した。
一般救急も崩壊しつつある。
そして、司法、行政が求める救急の医療水準はますます厳しくなっている。
これで、救急をやれってのが無理ってものです。

これから、受けてくれる病院を、現場の救急車内でじりじり待つということがますます増えていくことでしょう。

他にいないのならとなんとかいてあげたいと思うのが医者ですが、そういう親切心を司法は許さない。あの大野病院事件では、「一か八かでやってもらってはダメだ」と医師を逮捕し、拘留し、そして現在、刑事裁判にかけているのです。
なんとかしてあげようという親切心は捨てざるを得ない。
院長
2007/09/26 12:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
医療訴訟に巻き込まれないようにするためにどうすればよいか? ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる