ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 性的禁欲教育をすることでHIV感染を予防できない

<<   作成日時 : 2007/08/20 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CareNetに面白い記事が載っていました。
性行為をすることでHIV感染が起こりえる、性感染症や望まない妊娠などがあり得るから、性行為をするなという教育を行うことでHIV感染機会を減らすことが可能なのかどうか?
この疑問に答えるには、実際にそういう研究を行うしかない。
理論的にあり得るとかどうかと議論してもナンセンスです。
ただし、日本ではそういう研究はやられていない。しかし、アメリカではやられているようです。
こういうところがアメリカのすごいところです。いつも感心します。

性的禁欲だけで、高所得層のHIV感染を予防できるか
http://www.carenet.com/news/journal4/0708/17_01.aspx?SID=6119949958666947
(IDとパスワードが必要と思います)

「性的禁欲のみによる予防プログラム」とは、HIV感染予防の手段として性的禁欲教育のみを実施し、コンドームの使用など、より安全な性交の奨励は行わない予防戦略

-----(ここから引用)-----
年齢制限を設けずに世界中の既報、未報の文献を渉猟したにもかかわらず、選択基準を満たした13試験はいずれもアメリカの青少年および若年成人を対象としたものであった。1万5,940人が登録され、すべての評価項目は自己申告によった。

予防プログラムは、避妊手段をとらない性交、パートナー数、コンドームの使用、初回性交年齢には影響を及ぼさなかった。予防プログラムにより短期的および長期的な有害作用(性感染症の増加など)が見られた試験、および短期的に性交頻度が低下した試験が1つずつ認められたが、いずれの影響も全体としては相殺された。
-----(引用、終わり)-----

結論として「高所得層においては、性的禁欲のみによる予防プログラムはHIV感染リスクを低下も上昇もさせない」ということで、つまりは性的禁欲教育をしようが何の意味もない、毒にも薬にもならないということになりますか。
禁欲教育など時間の無駄だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
性的禁欲教育をすることでHIV感染を予防できない ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる