ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大淀病院事件>言論弾圧

<<   作成日時 : 2007/05/05 13:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

診療情報流出(と称されている)ことについて、また書きます。
なお、この問題について非常によくまとまっているブログがありましたので、紹介しておきます。まずここを読まれてから私が書いたものを読むとさらによく理解できるかも。
http://blog.livedoor.jp/saitama_orz/archives/50964772.html
【でっちあげ?】昨年の奈良県・妊婦死亡の件、詳細情報がネット流出【毎日新聞】

この連休、雑用をしながら(これでもいろいろ医師会関連や市町村の介護関連の仕事があるんです)、診療情報漏洩とマスコミが騒いでいるものについてネットサーフィンをやっていました。
どうも腑に落ちない。
前回、陰謀の臭いがするようなことも書きましたが、そういうアヤシイ臭いがさらに強くなってきました。
これって言論弾圧じゃないのだろうか、それも既存のマスコミがネットにおける言論という新興の言論を弾圧しようとしているのじゃないかと思えてならない。

遺族側(弁護士)が、自分に不都合な言論を抑えてやろうっては分かります。
それがどんなに汚い手であろうが、法律にさえ反しなければ、弁護士は依頼主の利益になることならどんな手でも使うでしょう。
ネット上で、医師や病院、ひいてはその設立母体である町を擁護するような流れが出て、それが自分たちが期待していたものとは違い、うまくマスコミを誘導してきたものと反するものなら、その流れをなんとか押しとどめようとしたいというのは分かります。

問題は、マスコミです。

m3.comでも、またネット上のブログでも、この情報は既にマスコミが手に入れているカルテ(そもそもカルテというのは医師が書いた部分だけではなく、看護記録やその他の検査記録も含むというのが正式な定義です)からほとんど書き写したものだとされていた(95%と言っていた)。そして、そういうコピーはたくさん出回っているとも書かれていた。
それなら、この情報は既に公開情報です。
公開情報を書くのなら、「流出」とは言わない、もちろん法律違反でもない。
マスコミは、遺族側(弁護士)が主張している「法律違反だ」ということが正しいのか、m3.comやブログに書き込まれていたことが正しいのか、確かめる手段を持っているってことではないですか。マスコミは、あの最初の病院の記者会見時、既にカルテコピーを持っていたというm3.comやブログに書かれていたことが事実なら、遺族側が主張している「診療情報がネット上に流出している」、それも「病院関係者が漏らした」というのが事実か嘘なのか確かめることができるではないですか。自分自身でです。

それをなぜしないのか?
ただ遺族側の主張だけを垂れ流すのではなく、そういう確認作業を、なぜしないのか?

お涙頂戴だけで終わりってのでは、ジャーナリズムの自殺行為です。
日本の新聞はそれほど低レベルなのか。

そうかもしれない、、、

ただ、私は、分かってやっているのではないかとも思えるのです。
ネットという新興の言論を、この機会に押し潰してしまおうとしているのではないかと。

毎日新聞は4月30日、こう配布しています。
m3.comに出ているものです。すぐ消えてしまうので、そのまま全部引用しておきます。
-----(ここから引用)-----
診療情報がネット流出、医師専用掲示板に 遺族、来月にも告訴へ 奈良・妊婦転送死亡

記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社

【2007年4月30日】

奈良・妊婦転送死亡:診療情報がネット流出、医師専用掲示板に 遺族、来月にも告訴へ

 奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明になった高崎実香さん(当時32歳)=同県五條市=が、県内外の19病院で転送を断られた末に搬送先の病院で出産後に死亡した問題で、高崎さんの診療情報がインターネット上に流出していたことが分かった。遺族は被疑者不詳のまま町個人情報保護条例違反容疑で、5月にも県警に告訴する。

 流出したのは、高崎さんの看護記録や意識を失った時刻、医師と遺族のやりとりなど。ネット上の医師専用の掲示板に書き込まれ、多数のブログなどに転載された。この掲示板は登録者数10万人以上で、問題が報道された昨年10月から書き込みが始まった。

 遺族は「医師専用掲示板には患者の中傷があふれている。診療情報の流出は自分たちだけの問題ではないと思い、告訴に踏み切ることを決めた」と話している。【中村敦茂】
-----(引用、終わり)-----

毎日新聞は、m3.comやブログで最大の批判対象になっていた。
それがあの最初にこの問題を持ち出してきた読売よりさらに短い記事とはどういうことでしょう?
ネット上の医師専用の掲示板に「流出」したというのが事実なのか?
それは、既にマスコミに配布された(遺族側から提供されたのか、病院側からなのかも含め)ものであれば、それを「流出」などと表現するのは「誤報」に等しい。それを分かってやっているのなら、それは「捏造」でさえある。
また、このネット上に書き込まれている情報が、「町個人情報保護条例違反容疑」という、国の法律である「個人情報保護法違反」でないのはなぜなのか、さらに医師の「守秘義務違反」でもないのはなぜなのかなどの考察を、なぜしない!
さらに、遺族が主張している「医師専用掲示板には患者の中傷があふれている」ということが事実なのかも確かめられるではないか、なぜそれをせずに、ただ遺族がこう言っているとだけで終わりにするのか?

これではジャーナリズムとはとても言えない。
単に、ネットという新興の言論を弾圧しようとしているだけとしか思えない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
大淀病院事件>言論弾圧 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる