ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島県立大野病院の医師逮捕は不当

<<   作成日時 : 2007/01/26 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本日、平成19年1月26日、あの大野病院事件の初公判が始まりました。
被告医師は無罪を主張したようです。
産科医、起訴事実を否認 福島の妊婦死亡初公判
http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY200701260217.html

こんな裁判があること自体がおかしいのですが、せめて無罪になるように願います。
これ関連で、日経メディカルに被告医師の恩師である佐藤教授がコメントを出されています。パスワードなどがないと見れないので、ここはあえて全文を引用しておきます。これはこの事件に関して知っておくべき非常に重要な事実だと思います。それも、医師だけではなく、広く国民一般に知っていてほしい。
それで、著作権にひっかかる可能性があると思いますが、あえて、、、
(近頃、これが多い)

福島県立大野病院の医師逮捕は不当
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/kikou/200701/502312.html
-----(ここから引用)-----
福島県立大野病院の医師逮捕は不当
福島県立医大産婦人科教授 佐藤章氏

 帝王切開手術で患者を出血死させたとして逮捕・起訴された、福島県立大野病院に勤務していた産婦人科医、加藤克彦氏の初公判が明日、1月26日に開かれる。その行方が注目されるところだが、そもそも2006年2月の担当医の逮捕や医療事故を刑事事件として扱うことを問題視する声は多い。この点について、同医師の所属医局の福島県立医大産婦人科教授の佐藤章氏に、当時の経緯も含めて聞いた。(編集部)

なぜ逮捕されたのか、なぜなんだ−−。これが私が一番知りたいことなのだが、いまだに分からない。加藤克彦医師の逮捕には私自身、強い疑問を感じているとともに後悔の念も抱いている。

 加藤医師とは今、全然連絡を取れない状態にある。弁護士を介して、近況を知るだけだ。「証拠隠滅の恐れがあるから、関係者とは連絡を取らない」ことが、保釈の条件だからだ。昨年2月に逮捕されたときには、既に県による事故報告書もまとまっており、カルテなども警察が押収していた状況であり、証拠隠滅も何もないと思うのだが、口裏合わせをする恐れがあるという。

 当然ながら保釈後、彼は医師として働いていない。1月26日が初公判で、毎月1 回、5月までの公判日時が既に決まっている。その後、裁判がいつまで続くか分からないが、昨年の逮捕以降、既に1年近く診療から離れており、今後しばらくこの状態が続くわけだ。腕の確かな医師であり、これは誰にとっても痛手だ。

県の事故報告書に疑問を呈するも認められず
 加藤医師が帝王切開手術を担当した患者が死亡したのは2004年12月のことだ。前置胎盤・癒着胎盤で、手術中に出血多量となり、死亡した。癒着胎盤は非常に稀な疾患で、しかも当該患者の場合、癒着は子宮後壁だったので、新生児を取り出す過程で初めて分かるものだった。癒着が分かった場合でもどの程度の出血があるかを予測し、そのまま胎盤剥離を続けるか、子宮摘出に移行するかなどを判断するのは非常に難しい。なお、癒着胎盤は最終的には病理診断で確定するものだが、術後に当大学で病理診断を行い、子宮後壁の癒着胎盤であることを確認している。

 患者の死亡後、県の医療事故調査委員会が設置され、当大学出身者以外も含め、3人の医師による報告書が2005年3月にまとめられた。今回の逮捕・起訴の発端が、この報告書だ。県の意向が反映されたと推測されるが、「○○すればよかった」など、「ミスがあった」と受け取られかねない記載があった。私はこれを見たとき、訂正を求めたが、県からは「こう書かないと賠償金は出ない」との答えだった。裁判に発展するのを嫌ったのか、示談で済ませたいという意向がうかがえた。私は、争うなら争い、法廷の場で真実を明らかにすべきだと訴えたが、受け入れられなかった。さすがにこの時、「逮捕」という言葉は頭になかったが、強く主張していれば、今のような事態にならなかったかもしれないと悔やんでいる。加藤医師は、報告書がまとまった後に、県による行政処分(減給処分)を受けた。

 警察は、この報告書を見て動き出したわけだ。最近、医療事故では患者側から積極的に警察に働きかけるケースもあると聞いているが、私が聞いた範囲では患者側が特段働きかけたわけでもないようだ。警察による捜査のやり方には問題を感じている。例えば、当該患者の子宮組織を大学から持ち出し、改めて病理検査を行っているが、その組織も検査結果もわれわれにフィードバックされないままだ。捜査の過程で鑑定も行っているが、担当したのは実際に癒着胎盤の症例を多く取り扱った経験のある医師ではない。


 加藤医師は数回、警察から事情を聞かれ、その都度、私は報告は受けていた。最後に彼が警察に出向いたのが昨年2月で、そのときにそのまま逮捕されてしまった。弁護士を付けずに、1人で行かせたことを後悔している。翌3月に、業務上過失致死罪と異状死の届け出義務違反で起訴された。
 
 また公判前整理手続き(編集部注:裁判の迅速化のために、初公判前に検察側と弁護側、裁判官が集まり、論点などを整理する手続き)も計6回実施したが、医学的な見地から議論を尽くしたとはいえない。そもそも癒着胎盤とは何か、その定義から議論する必要があったが、検察側はこうした話には乗ってこなかったと聞く。弁護側が、癒着胎盤の対応の難しさに関する海外の文献など様々な証拠を提出したが、そのほとんどが採用されなかった。

医療事故は第三者機関などで調査解明を
 裁判の行方は分からないが、容易には決着しないだろう。今回の件については、日本産婦人科学会をはじめ様々な学会が逮捕後に抗議の声明を出したほか、昨年末には日本医学会が会長名で「不可抗力ともいえる事例を犯罪行為として扱うことは好ましくない」などとする声明文を公表している。加藤医師を支援する会も立ち上がり、既に1万人を超す署名が集まった。それだけ皆、危機感を持っている表れだろう。

 今回のような予見が難しい、しかも故意や悪意がない医療事故をすべて刑事事件として扱ったのでは、誰も手術をやらなくなる。癒着胎盤は最近頻度が高くなっているが、誰も手がけなくなったらどうなるのか。本来、医療事故は警察などではなく、第三者機関が医学的な見地から検証を行うべきだ。また医療事故はゼロにはならず、予期しないことが必ず起り得る。医学は完全なものではないことを国民にも理解してもらう必要があるだろう。(談)
-----(引用、終わり)-----

太字の部分と、特に赤字の部分に注目してください。
警察が医療事故調査委員会の報告書を見て動き出した、それも逮捕に向けて動き出したというのは既に広く知られている。その元となった報告書が、実は事実に沿ったものではなく、患者遺族に補償金を出すために、わざと病院側、医師側にミスがあったかのようにして書かれたものだということなのです。

それと、警察の捜査の杜撰さはどうでしょうか。
「捜査の過程で鑑定も行っているが、担当したのは実際に癒着胎盤の症例を多く取り扱った経験のある医師ではない。」とのことですが、こんな医師に鑑定させて、それを証拠とするとはどういうことか。
さらにです、子宮摘出すべきだったという根拠に、学生が使うような、それもあまり権威があるとは考えられていないstepとかいう教科書を持ち出したのだそうです。弁護側は、検察官や裁判官に、こういう症例についてのきちんとした知識を持ってもらいたいということで、いろいろな資料を証拠として取り上げるよう主張さたのだそうですが、それらはことごとく検察側に拒否されたとか。
これでは、日本における産科医療の一番の根拠が学生の教科書だなどということになる。
なんというばかげたことでしょうか。

狂っているとしか表現しようがない、、、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【医療崩壊番外編】 8月20日は何の日? その二
前回の「【医療崩壊番外編】 8月20日は何の日? その一」に続いて、今回は裁判の ...続きを見る
ぐり研ブログ
2008/08/14 07:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
福島県立大野病院の医師逮捕は不当 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる