ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良事件>誤報やって表彰状

<<   作成日時 : 2007/01/27 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あの奈良大淀病院事件で世紀の誤報をやらかした毎日新聞が表彰された。
表彰されるというのは前から知っていたのですが、実際、されてしまった。これは、昨日裁判が始まった大野病院事件で、不当逮捕をやらかした警察署が福島県警に表彰されたということに通じるものがある。
どちらも、その地区の産科を壊滅させた、そういう者達が表彰されるってことです。

毎日のあの誤報を表彰したのは新聞労連とかいうところだそうで、選考委員というのか選んだ人たちを見てみるといかにもという感じがします。左翼がかった自分たちのイデオロギーという色眼鏡で全てを見てしまうような、そういう人たちという感じ。右にも左もいるでしょう、こういう感じの人たちって。

もうなんと言っていいか、文章力のない私はうまく今の私の思いを表現できない。
で、人のフンドシで、、、

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/01/39_9ef9.html
「マスコミたらい回し」とは? (その39) 毎日新聞奈良支局、「大淀病院産婦死亡事例」の誤報垂れ流しキャンペーンで新聞労連の特別賞もらって誇らしげ 一方同紙連載中の「医療クライシス」は「新生児仮死」の医療訴訟を取り上げる
新聞労連 毎日新聞報道が特別賞で表彰される
を読んで下さい、それも全文を。

一カ所だけ引用させて下さい。
-----(ここから引用)-----
医師は人間だ。
人間が、人の病や危機を救う医療に携わっている。
その人間が最前線を去る要因の一つは
 報道が「人間の心を折る」から
だ。大淀病院産婦死亡事例報道は
 日本中の産科医と救急医の心を折り、静かに現場から立ち去らせる大きな力
となったということを、マスコミ人は肝に銘じていただきたい。その責任を負わず
 産科が足りない
 助産院を充実させろ
 周産期医療センターを作れ
というのは、
 本土決戦を竹槍武装で煽る、大本営発表
に他ならない。
 医師の最大の武器である人間の心
を奪ったのは
 検証不足で垂れ流しの、医師叩きを主眼とする医療関係記事
なのである。
-----(引用、終わり)-----

医者叩きをやるマスコミ、それを表彰する連中と喝采をおくる大衆。
大淀病院の産科医が産科をこれ以上やれないと思ったのは当然と思いませんか?
こういうことが全国で起こっているのです。
全国の勤務医たちが逃散するのももっとだと思いませんか?
医師も人間なのです。
神の手は絶対持ち得ないし、仏の心を持てるほど強くはない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
奈良事件>誤報やって表彰状 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる