ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大腿付け根の血管損傷で大量の後腹膜出血?

<<   作成日時 : 2006/09/13 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

また訳の分からない判決が出ている。
いったいこれは何なのだろう?

亀田総合病院に賠償命令 処置ミス認定、約8200万
http://www.m3.com/news/news.jsp?sourceType=GENERAL&categoryId=&articleId=34754
>千葉県鴨川市の亀田総合病院(亀田信介(かめだ・しんすけ)院長)でぜんそく治療を受けていた高校2年の二男=当時(17)=が出血性ショックで死亡したのは処置のミスが原因として、両親が約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は11日、病院側に約8200万円の支払いを命じた。

この記事を最初見たときは、へぇ〜、あの亀田総合病院でもこんなことがと驚きましたが、内容を読んでいるうちに、また理不尽なことが起こったようだと考えを変えました。
まず、記事を書いた記者は、何も分かっていないまま書いていることが明白です。医学的に論理の筋道が無茶苦茶ですので。この記事では、何が患者に起こって、それに対し医師がどう考え、どう治療したのか、そしてそれにも関わらず患者がなぜ死亡したのかという医学的な筋道がさっぱり分からない。

>判決によると、二男は2001年1月1日未明、吐き気などを訴え受診。ぜんそく治療で病院から処方されていたテオフィリンの血中濃度が高いことが判明。処置の過程で医師が脚の付け根にカテーテルを挿入した際、動脈や静脈を傷つけたため、後腹膜腔から大量に出血。二男は同日夜、死亡した。

「テオフィリンの血中濃度が高い」というのは事実なのでしょう。
しかし「処置の課程で」という「処置」なるものは何を目的にしたどういう処置なのかが何も書かれていない。
「脚の付け根にカテーテルを挿入した際」というのも何でしょう?
「脚の付け根」とは正確にはどこなのかもあれですが、そこの動脈なのでしょうか静脈なのでしょうか?
たぶん大量出血したと記事にはありますので、たぶん動脈だろうとは推測できますが、たとえ動脈でもそこをカテーテルで損傷したくらいで出血性ショックになるほどの大量出血が、それも「後腹膜腔」に出るものでしょうか?
「脚の付け根」の出血なら、そこを圧迫したらいいし、さらに確実を期すのなら損傷部を切開し縫合止血したらいい。亀田総合病院くらいの大きなところなら簡単なことです。
「同日夜、死亡した」ということも不可解です。出血性ショックで死亡ですよ、それもカテーテルで刺したところからの出血で。たとえそこの止血が完全にできなくても輸血や輸液で対処できなかったということがあり得るのだろうか?

とにかく、全く意味不明な記事です。
共同通信らしいというかなんというか、、、

>亀田院長は「強い憤りを感じており、ただちに控訴する」とコメントしている。

とのことですから、たぶん判決文自体も医学的意味不明なものだったのでしょう。それに医学的に無知な記者が切り貼りをやってさらによけい意味不明になった可能性が高いのではないかと考えて、m3.comで議論されているんじゃないかと見てみたら、、、
やっぱりされていました。

それによると、そもそも出血ショックではないようです。病理解剖しており、後腹膜腔への大量出血などなかったようです。
どうして裁判官はこういう無茶苦茶な判決を出したのだろう?
裁判官の独断ということはあり得ないでしょうから、そういう鑑定を出した鑑定医がいたのでしょうか?

テオフィリンが急上昇した原因は不明だそうです。
自殺目体で大量服用した可能性もあるようですが、警察の捜査でもはっきりしなかったそうです。
「脚の付け根」へのカテーテルというのは「緊急透析用カテーテル」のことのようです。これはかなり太いカテーテルですが、そこから出血したという事実はない。
多臓器不全になっての死亡のようですが、なぜそうなったのか分からない。病理解剖し、スタッフが集まってのカンファレンスもしたようですが、それでも原因不明だったとようです。

これは医学上ありえることです。
専門医が集まっていくら考えても分からないこともある、それが臨床医学というものの宿命です。
それを裁判官がこうだと決めつけた。医学の教育を受けたこともない、医療をやったこともない、いわば医学医療の素人が、こうだと。

そもそも、こういう例がどうして医療訴訟になってしまうのだろう?
どうなっているのだろうか、この国は。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
大腿付け根の血管損傷で大量の後腹膜出血? ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる