ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キーボードは消毒すべき!?

<<   作成日時 : 2006/05/09 10:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

近頃は大きな病院になると電子カルテになっているところが多く、医者ばかりでなく看護師もノートパソコンを病室に運んできてデータや所見を打ち込んでいることが多い。
となると、心配なのが感染です。
実際、こんな記事が、、、

コンピューターのキーボードは毎日消毒すべき
http://www.m3.com/news/news.jsp?sourceType=SPECIALTY&categoryId=580&articleLang=ja&articleId=29502
>微生物によるキーボード汚染は一般的であり、消毒薬が汚染除去に有効な可能性を示す研究結果

「研究者らは、研究用コンピューターキーボードに3種類の被験微生物(オキサシリン耐性黄色ブドウ球菌[ORSA]、緑膿菌、バンコマイシン耐性エンテロコッカス属)を植え付け、消毒薬6種類(塩素含有消毒薬1剤、アルコール含有消毒薬1剤、フェノール含有消毒薬1剤、第4級アンモニウム含有消毒薬3剤)の有効性を評価した。」
つまり、キーボードにバイ菌をつけたら実際にキーボードが汚染されるか、もし汚染されるとしたらそれを消毒薬で防げるかということでしょう。
で、結果は、、、、

「キーボードの半数以上において、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(キーボードの100%)、類ジフテリア菌(80%)、ミクロコッカス属(72%)、バチルス属(64%)が認められた。」
つまり、キーボードは汚染されると。
実際の現場においても、キーボードにバイ菌がつけば、同じように汚染されるだろう、そして他の病棟にもそれが持ち込まれ、他人に感染させる可能性がある。

そして、消毒薬を使うと、、、
「全ての消毒薬および対照として用いた滅菌水も、95%を上回る被験細菌の除去および不活性化に有効であり、消毒サイクルを300回繰り返した後もキーボードの機能および外見に損傷はなかった。」ということらしいです。

で、結論。
>「今回のデータから、微生物によるキーボードの汚染は一般的であり、消毒薬によって有効に汚染が除去できる可能性が示唆される」と著者らは記している。「キーボードは毎日、または目に見える汚れが生じた場合、または血液によって汚染された場合に消毒すべきである。他の研究者らは、患者ケア区域で使用されるコンピューターキーボードは定期的に消毒するよう推奨しているが、我々もこの意見には賛成である」。

キーボードを洗えってことですか、、、(^^)

いや、これは笑い事じゃないかも!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
キーボードは消毒すべき!? ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる