ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活の日

<<   作成日時 : 2006/02/17 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「復活の日」というのは小松左京原作のSFです。
小松左京と言えば「日本沈没」が有名ですが、この「復活の日」も負けず劣らずすばらしく面白くかつ文明的な警鐘に富んだSFでもあります。
映画化もされたのですが、その英語名が「Virus」であるように、強毒性のかつ感染性の非常に強い新しいビールスが人類を襲い南極にいる人間以外を全滅させるという物語です。

鳥インフルエンザがだんだんと世界中に広がってきている。そして次第に人間にも感染しだしているという現在の状況を暗示していると思いませんか?

今、ヨーロッパに広がっているようです。
ニワトリや野鳥が次々と死んでいる。そして、人へも感染しだしているようで死者もヨーロッパ中に出てきだしている。
今のところは、鳥から人へ感染ですが、このビールスが突然変異を起こし人から人への感染という力を獲得したとき、、、

SFという小説は、いわゆる純文学と違い、対象が人に限定されない。人類とか文明が対象のものもあり、名作といわれるSFにはそういうのが多いです。
この「復活の日」は、新型インフルエンザが世界で猛威をふるうとき、多くの人が持ち出すことでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
復活の日 ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる