ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [胃癌検診は胃癌死を減少させる]-----2006/01/21(Sat)

<<   作成日時 : 2006/02/04 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

検診したら長生きできる、、、のは当然と思われるかもしれませんが、またそうでないと検診する意味がないと言われるかもしれませんが、これって今まで十分には検証されていなかったんです。

http://www.m3.com/news/news.jsp?sourceType=GENERAL&categoryId=&articleId=27626
胃がん検診で死亡率半減 他のがん死も2割減
【2006年1月20日】

「研究班は、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部の4保健所管内で、40-59歳の男女約4万2000人を、1990年から13年間にわたり追跡調査し」、そのうち「636人が胃がんになり179人が死亡」したそうですが、「検診の有無で分析したところ、90年時点で「過去1年間に受けた」と答えた人の死亡率は、受けなかった人の0.52倍と低かった」のだそうです。

この調査は、「過去に遡って」する調査ではなく、ある時点から調査を始め、何年あるいは何十年と、どうなるかと調べる調査であること(13年間という期間の長さも、癌のような病気の場合も重要です)、また調査対象の多さも十分なものでしょう。
私が少し疑問なのは、「90年時点で過去1年間に検診を受けたか、受けなかったか」という対象の分け方でいいのかということです。できれば、調査開始90年の時点で、検診を受ける群と受けない群の2群に分けてどうなるかという調査をしてほしかった。
ただ、こういう調査は、日本では難しいかもしれない。

それと、胃癌検診を受けた群では「肺がんや肝臓がんなどの死亡率も2割程度低」かったそうで、「検診を進んで受ける意識の高さが、がんにかかりにくい健康な生活習慣に結びついている」のかもしれないんだそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[胃癌検診は胃癌死を減少させる]-----2006/01/21(Sat) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる