ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [偽造医師免許証で8年半医者になりすます]-----2005/12/06(Tue)

<<   作成日時 : 2006/02/04 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

>1997年から約8年半、医師の免許がないのに医療行為を続けていたとして、警視庁生活環境課は6日、東京都目黒区南1、自称医師・山城英樹容疑者(33)を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。
>同課によると、山城容疑者は、都立広尾病院(渋谷区)など約20か所の医療機関に従事していたが、医療事故を起こしたことはなかったという。

このニュースにはびっくりしました。
こんなことができるのかと。
そもそも同僚の医師が8年半もの間見抜けなかったというのも不思議です。

いや、おかしいと疑わそうになると病院を変わっていたのかな、、、

それにしても8年半もの間とはびっくりです。

採用されるためには医師免許証の提示が必要でしょうけど、私は原本を見せたことはあったかなぁ、、、
そもそも今までは医局からあそこに行けという形で勤めていましたから、雇う側も私を信じるというより医局の紹介という方をよほど信じていたでしょう。

>採用の際には、偽造した医師免許のコピーを提出していた。コピーには、各医師に割り当てられた「医籍番号」も記載されていたが、山城容疑者とは無関係の女医の番号だった。

ということですが、原本にちょっと手を加えてそれをうまくコピーされたら、確かにそれが偽物と見抜くのは難しいとは思います。

>旧厚生省は72年と85年、医師を雇用する際の身元確認について、卒業証書と医師免許の原本で行うよう全国に通知。保険医としての登録も、原本による本人確認が原則だ。

こんな事件があると、これを厳密に実行せんとあかんですね。

ところで、、、
>医師の資格を確認できる新たな仕組みが2007年度から始まる予定だが、それまではチェックが難しいという。

この「新たな仕組み」ってどういうものなのだろう、、、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[偽造医師免許証で8年半医者になりすます]-----2005/12/06(Tue) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる