ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [情報提供は可能、、だが、、、]-----2005/10/27(Thu)

<<   作成日時 : 2006/02/04 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

個人情報保護法が施行されてから、捜査機関による医療機関への情報提供要請が拒否されることが多くなったそうです。そのため捜査に支障を来すことさえでてきたとか。

このことは最初から憂慮されていたことです。
捜査機関もそうですが、医療機関の方も。
情報提供はしてあげたいが、後で罪に問われたり、民事訴訟で訴えられたりするのでは、それもできないと。厚労省はガイドラインで「捜査への任意協力は本人の同意を得なくても違反にならないが、民法上の損害賠償を請求される恐れがある」としているのですから、なおさら心配して情報を提供するのを拒否するのも当然でしょう。誰だって、そこまでのリスクを負ってまでやりたくはない。

で、今度「可能だ」というQ&Aの項目を追加したんだそうです。
>厚生労働省は25日、保護法に基づく医療関係者向けガイドラインのQ&A(事例集)に「捜査照会への協力は従来通り可能」とする項目を追加することを明らかにした。

これじゃ同じじゃないか。
従来通り可能。
そんなことは私らも知っている。
問題なのはこの後だ。
捜査照会への協力をして、その後、損害賠償などの訴えの対象になるのかならないのか、いったいどっちなんだ?

「捜査への任意協力は本人の同意を得なくても違反にならないが、民法上の損害賠償を請求される恐れがある」としている、後の方はどうなんだ?
損害賠償の請求をされる恐れがあるのかないのか?

あるんなら、これからも同じように捜査照会への拒否は続くでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[情報提供は可能、、だが、、、]-----2005/10/27(Thu) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる