[家庭血圧の測定法など]-----2005/03/18(Fri)

ドクターサロン(vol.49 3 2005)

家庭血圧の測定法
 上腕で測るタイプが一番精度がいい。
 一般的には、利き腕と反対側で測る。
 一度外来に持ってきてもらって、一緒に測ってみる。
  両側同時測定法が便利。
  年に1回はチェック。
  5mmHgの差ならOK。
 朝と夜2回測る。
  朝の起床後1時間以内、排尿後、1~2分安静後座位で。朝食前、服薬前。
  寝る前。後はもう寝るだけという時に1回。
 脈拍も記載しておくこと。

無症候性胆石
 基本的に何の症状もない場合は、一番心配なことは癌の発生なのだから、この意味で最低年に1回は定期検診としてエコーしておくべき。

危ない頭痛の見分け方
 第1問:これまでで最悪の頭痛ですか?
 第2問:だんだん悪くなってくる頭痛ですか?
 第3問:突然起こった頭痛ですか?
 この3問ともに該当しないものは危なくない。

 頭痛で「これは見逃したら大変」というのはくも膜下出血につきる。くも膜下出血の最大の特徴は突然の頭痛。
 くも膜下出血の診断はCTが一番手っ取り早く、診断価値が高い。CTも24時間を過ぎると血液が薄くなり所見がはっきりしなくなる。24時間以内にCTを取ること。
 項部硬直は、くも膜下出血の急性期にはむしろないと思っておいた方がよいが、カルテにこのことを記載しておかないと裁判で負ける。
 くも膜下出血があると、頭蓋底にちょうどインベーダーみたいなヒトデのような高信号領域が出る。
 ただし、1割弱は典型的な頭痛がない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック