ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [めまいの診断の講演会]-----2004/11/26(Fri)

<<   作成日時 : 2006/02/04 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神経内科疾患による「めまい」、耳鼻咽喉科領域の「めまい」との鑑別について
松山赤十字病院 神経内科 部長 山下 順章 先生
平成16年11月25日
鳴門市医師会学術講演会

そのめまいが末梢性か中枢性か
 末梢性:方向固定性、自発眼振、固視によって抑制されやすい
           右目         左目
      患側    −>          −>    健側
          −> −> −>    −> −> −>
            −>          −>
     蝸牛障害(耳鳴、難聴)があれば確実に末梢性

 中枢性:注視方向性眼振、注視性眼振(注視するとよけい眼振がひどくなる)
     固視させる(この指を見てください)とひどくなる。
    小脳は下方向

末梢
 1)BPPV:吐き気は無いことが多い
 2)メニエール病:耳鳴、難聴を伴う
 3)メニエール症候群
    前庭神経炎:耳鳴、難聴をともなわない、かぜ症状、遷延する
    突発性難聴:時々めまい、おう吐を合併する
          メニエール病に比し難聴が高度
    内耳障害:中耳炎、薬剤性など

中枢
 1)聴神経腫瘍:Bruns眼振(脳幹を圧迫するようになると出現する)
          ○           ○
        <− ○ ー>     <− ○ ー>
          ○           ○
        (患者に向かって左) (患者に向かって右)
        患者に向かって右方向への眼振は大きくゆっくり。
 2)Wallenberg症候群:中枢性でもっとも多い
      一側上下肢の温痛覚障害(めまいを見たら必ず温痛覚を見よ!)
      温痛覚(痛いか冷たいか?)
      延髄外側の障害

 Wallenberg症候群
  軽微な頚随損傷を伴う解離性椎骨動脈瘤
   1)カイロ:52%でこれがもっとも多い
   2)スポーツ
  Wallenbergは温痛覚!
  めまいの患者を診たら必ず温痛覚を見よ
  これは痛いか、冷たいか?

めまいを見たら必ず次のものを診よ!
 眼球運動障害はないか?
 眼球偏倚はないか?
 温痛覚障害はないか?
 半盲はないか?
これがあったら中枢性!

めいろん:内耳性のめまい
まんにとーる:メニエール
とらべるみん:一番よく効く抗めまい剤である!
       抗おう吐、抗めまい、ただし抗ヒスタミン剤のため眠たくなる

立ちくらみ
 この診断は難しい
 自律神経、心機能性、その他(薬剤、貧血、脳底循環障害など)
 立位と臥位で血圧測定

Dizziness:浮動感

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[めまいの診断の講演会]-----2004/11/26(Fri) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる