ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [PSA<4.0ng/mlでも前立腺癌は希ではない]-----2004/06/02(Wed)

<<   作成日時 : 2006/02/04 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://club.carenet.co.jp/NEJM/Journal/urology.asp?SID=5100470034000069
前立腺特異抗原値が4.0 ng/mL 以下の男性における前立腺癌の有病率

前立腺癌の早期発見の方法としてPSA値の測定が行われています。健診でも実施されているし、病院の外来でも検査されています。
その異常かどうかの境目が4.0ng/mlという値です。
これ以上だったら、異常として専門医に診せろと。

じゃ、4.0ng/ml以下だったら前立腺癌は否定できるのか、あるいは非常に希なのかという疑問が起こります。
そうでないと、4.0で区切る意味がないことになる。
この論文は、4.0以下でも、希ではないと言っています。

「PSA 値が 4.0 ng/mL 以下の男性を対象に,前立腺癌の有病率を調査した」ところ「2,950 例(年齢範囲 62〜91 歳)のうち,449 例(15.2%)で前立腺癌が診断された」のだそうです。
15.2%です。
これでは希だとはとても言えない。

PSA値測定の意義がないというわけではありませんが、4.0という値で区切る意味はどうなんでしょう?
専門家の意見を聞きたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[PSA<4.0ng/mlでも前立腺癌は希ではない]-----2004/06/02(Wed) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる