ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [医療事故の報告範囲]-----2003/12/12(Fri)

<<   作成日時 : 2006/02/03 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://club.carenet.co.jp/JM/2003/12/1210_04.asp?SID=8600990037000079
グレーゾーン含め幅広く
同検討委が報告を義務づけたケースは、

(1)明らかに誤った医療行為や管理上の問題により、患者が死亡もしくは患者に障害が残った事例、あるいは濃厚な処置や治療を要した事例
(2)明らかに誤った医療行為は認められないが、医療行為や管理上の問題により、予期しない形で患者が死亡、もしくは患者に障害が残った事例、あるいは濃厚な処置や治療を要した事例
(3)その他、警鐘的意義が大きいと医療機関が考える事例
の3点。

この第三者機関への報告範囲というのがいまだによく分かりません。
また、警察へも、犯罪に関わることでなくとも報告しないといけないようですが、どういう範囲のものなら報告しないといけないのかというのも分からない。

例えば、ベットから患者が落ちた、廊下で転んだとかいうので腰が痛くなった、臀部には内出血があるてな事例はどうなんでしょう?
こんなのも警察に報告するんでしょうか?
また事例報告とか言って保健所や厚労省に届けるんでしょうか?
静脈注射で、その部が青くなったとかいうのはどうでしょうか?

こういう軽度なものはしなくていいというのなら、ではどの程度重度なら報告するんでしょう?
その基準が明確でないと、「よく分からん」ということになってしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[医療事故の報告範囲]-----2003/12/12(Fri) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる