ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [CPRをするバイスタンダーへの感染]-----2001/10/01(Mon)

<<   作成日時 : 2006/01/27 15:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日救急医会誌 2001;12:489
心肺蘇生法施行時の感染について
早川 峰司ら

心呼吸停止した人への心肺蘇生(CPR)の実施は、速ければ速いほど蘇生率が向上します。それで、その心呼吸停止した人のそばにいた人(これをバイスタンダーと言うらしい)ができれば一番いいことだというのは容易に分かります。
で、一般の人への心肺蘇生法の講習というのが叫ばれている。
しかし、ここで問題になることがいろいろあるのですが、その一つがこれです。

22歳の男性がバイクの事故で心呼吸停止になった。偶然その事故に遭遇した女性が口対口人工呼吸をしたそうです。この女性の手に患者の血液がついた。

感染は大丈夫か?

この女性は、全くの善意の第3者です。
こういう人が、もし血液を介する疾患に感染したとしたら、いったい誰がその補償をするのでしょう?
また、それ以前に感染したかどうかの検査費用は誰が持つのでしょうか?

この「Letter to the Editor」はこういう問題提起をしているものです。
「国レベルで統一した対応が必要な問題と思われる」と著者は主張しています。

私も全く同感です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[CPRをするバイスタンダーへの感染]-----2001/10/01(Mon) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる