ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [アニサキス症]-----2001/08/22(Wed)

<<   作成日時 : 2006/01/25 14:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

真夜中、若い男性が、新鮮なサシミを食べ心窩部痛と嘔吐ということで来られた。

一番最初に考えたのがアニサキス症です。
私はまだ見たことはないのですが、鳴門には多いらしい。なにしろ、すぐ近くに海があり、美味で新鮮な魚が沢山捕れるところですから。

患者さんは、体を丸くして痛がっています。嘔気があり、実際診察中も嘔吐されました。胃液です。食物はもう全部出してしまっているのでしょう。
下痢はないとのこと、あれば急性胃腸炎とできるのですが、これがないとするとこれはもうアニサキスかと思い、患者さんに緊急内視鏡をするかと尋ねてみました。

そしたら、死んでも嫌だと言うのです。

まぁ、そうでしょう、腹痛はするは嘔気、嘔吐もあるというときに内視鏡なんて、私でも絶対嫌だと言うでしょう。

しかたありません、それなら胃腸炎ということで、絶食、点滴、そしてその中に鎮痙剤を入れて様子をみようということになりました。
そして、どうしても痛みがひどいようなら、その時は、内視鏡もしかないと我慢してくれるでしょう。

ところが、入院してしばらくすると、腹痛は軽減するは、下痢が始まるはで、これはまさしく単なる急性胃腸炎です。
2日目にはもう空腹感で、食わせろとまで言う。さすがに若い人は元気です。
4日目にはもう退院。

アニサキス症、、、

一度、私も見つけてみたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
その後、私もアニサキス症を経験しました。
内視鏡で見ると、まさに粘膜に頭をつっこんでいる、それを鉗子でつまんで取り出しました。
その後、経験
2006/01/25 14:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[アニサキス症]-----2001/08/22(Wed) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる