ある町医者の診療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [熱中症]-----2001/08/06(Mon)

<<   作成日時 : 2006/01/25 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が救急部で研修医をやっていたとき、高校生だったと思いますが、アメフトの練習中熱中症になって運ばれてこられた患者さんがいました。
確か、医局の夏の旅行から帰ってきてすぐの時期だった。

全身を冷やし、点滴などやったのですが、何をしても反応してくれない。
そのうち、DICをおこし、強い出血傾向が出る、多臓器不全になるなどで、結局亡くなられました。
ポイント・オブ・ノーリターンの越えてしまった熱中症はどうにもならない。指導医の先生もそう言われていたし、また私も実感しました。

研修医として、地方会に発表しろと指導医に言われ、これでも苦労したことを覚えています。

今も猛暑で、熱中症の注意をテレビなどマスコミが盛んにやっています。スポーツドリンクなどできちんと水分と電解質の補給をすること、それも定期的に。
また、コーチなど指導者は、選手に無理をさせないこと。早め早めに休ませること。
これら簡単な予防をきちんとしないで、もし熱中症にしたら、それはコーチなど指導者の責任だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Firefox 2 無料ダウンロード
[熱中症]-----2001/08/06(Mon) ある町医者の診療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる